記事ID327のサムネイル画像

    アウディのCMのクオリティーが高すぎると話題に!!

    アウディはフォルクスワーゲングループに属するドイツの自動車メーカーです。そのアウディのCMのクオリティーが非常に高いと話題になっています。そこでアウディのCMを簡単にまとめてみました。どれも非常に高クオリティーなものばかりです。

    アウディについて

    現在株式の99.55%をフォルクスワーゲンAGが保有しています。本社所在地はドイツ・バイエルン州、インゴルシュタット。ドイツ国内には、インゴルシュタット、ネッカーズルムに組み立て工場があります。過去にはKarmann-Rheineにカブリオレモデルの80(1997年 - 2000年)、A4(2002年 - 2009年)を一部生産委託していた時期もありました。
    2012年現在、ドイツ国外の生産拠点はハンガリー・ジェール、ベルギー・ブリュッセル、スペイン・マートレル、スロヴァキア・マルティン、ブラティスラヴァ(両工場はVWのプラント)、インド・アウランガーバード、中国・長春市の7箇所に置いています。
    同グループでは、主に中~上級価格帯をカバーするブランドと位置づけられている。「クアトロ」(Quattro )という名称の四輪駆動システムを持ち、アルミボディなど先進的な技術を用いる傾向がみられます。ディーゼルエンジン(TDI)を、環境対策上のガソリンエンジン車の代替と位置づけており、重点的に開発・宣伝を行なっています。車種構成はFF車とFFベースの四輪駆動車がほとんどです。従来車体デザインがおとなしいと評されていましたが、最近は若者層をメインターゲットとし、デザイン的にもBMW、メルセデスベンツに引けを取らないよう押しの強いデザインを取り入れ、フロントマスクが睨み付けるようなデザインのモデルも増えてきました。

    アウディの高品質をアピールするCM

    デザイン性・快適性・安全性・スポーツ性が他のメーカーより優れていることをアピールする内容となっています。なんといってもアウディのエンブレムを利用したこの手法はとてもおしゃれな方法ですね。

    ただただ車の魅力のみを伝えるCM

    余計な音や演出は一切なしで、ただただ自社の車のエンジン音のみを流し続けています。「小細工に頼らず、ありのままの車の姿を伝える」という強い思いが伝わってくるCMです。

    日本の特徴を上手く活かしたCM

    こちらのCMでは日本の四季の多様性や、都会や田舎など様々な道があるということを訴え、そのようなあらゆる道に対応できる車ということでアウディの車をアピールしています。童謡の「あめふり」の歌と組み合わせることで日本人の心に響く内容になっています。

    日本の特徴を上手く活かしたCM その2

    こちらも日本の特徴をうまく活かして、アウディの車の良さをアピールしています。富士山や竹林、紅葉や桜といった四季を感じられるものを大々的に打ち出し、日本にピッタリな車というイメージを与え、その上でこの車の安全性を訴えるものとなっています。

    アウディが革新的であることをアピールするCM

    このCMは、アウディが今までも、そしてこれからも時代の最先端を突き進む自動車メーカーであることをアピールするCMです。常に挑戦し続けるアウディの熱い意志が伝わってきます。

    ちょっと怖い?ドローンを利用したCM

    こちらのCMは無人飛行機のドローンが人間を襲うという、近未来的な内容のCMです。ドローンが人間を襲い始める中、アウディに乗り込む1人の男性。「技術は人間に安全なものでなくてはならない」というメッセージが込められたCMとなっています。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ