静岡の魅力満載の道の駅。静岡県内にはどんな道の駅があるの?

今回は、静岡県の道の駅について調べてみました。静岡といえば、お茶やみかん、うなぎや餃子、魅力あふれるご当地ものが溢れています。道の駅には地元の農家さんが生産した物が多く並んでいたりします。そんな静岡県の道の駅についての情報をピックアップしていきたいと思います。

道の駅とは?

道の駅は、国土交通省により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設で、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持つ。2015年11月5日現在では、全国に1,079箇所登録されています。

道の駅の定義

道の駅は、24時間利用可能な一定数の駐車スペース、トイレ、24時間利用可能な電話、情報提供施設を備えた施設であることが登録の条件となっているようです。道の駅の設置間隔については、高速道路のSA・PAのような明確な基準は設けられていないが、おおむね10km程度の間隔があるように計画されているようです。

多くの場合、道路や地域の情報を提供する案内人が置かれ、その他、その地域の自主的工夫のなされた施設が設置され、その地域の文化・名所・特産物などを活用した農産物直売所、売店、レストランなどのサービスが提供されています。

静岡県の道の駅は23箇所あります

静岡県には現在道の駅が23個所あります。そのなかで、いくつかの場所を紹介してみたいと思います。静岡の文化・名所・特産物など、静岡の魅力満載です。

静岡道の駅 富士

道の駅名   富士
所在地    静岡県富士市五貫島669-1
電話番号   0545-63-2001
最寄り道路  国道1号
営業時間   上り 9:00~18:00
       下り 8:00~19:00
休館日    年中無休

「道の駅 富士」は静岡県で最初にできた道の駅で、三保の松原や日本平、富士箱根伊豆国立公園へのドライブの休憩処として最適です。 屋上からは、霊峰富士の眺望が素晴らしく、休憩所内では地元の方々による写真、絵画などが展示されています。 上りのレストランでは十割そばをはじめ、しらすと桜えびを紅白に見たてた「釜揚げ紅白丼」や、揚げた桜えびとそばがマッチした「冷し揚げ桜えびおろしそば」が提供されています。下り側には麺類コーナーがあります。おみやげは富士のやぶ北茶、シラス、桜エビや、ちょっと変わったところで東海道五十三次トイレットペーパーなどがあります。 無線LANサービスも提供されています。

静岡道の駅 くんま水車の里

道の駅名   くんま水車の里
所在地    静岡県浜松市天竜区熊1976-1
電話番号   0539-29-0636
最寄り道路  主要地方道天竜東栄線
営業時間   食事処 10:00~16:30(10~3月は16:00まで)
物産館    9:00~16:30(10~3月は16:00まで)
休館日    木曜、12/28~1/3

天竜市街地から“熊(くんま)”の看板をたどりながら主要地方道天竜東栄線を車で約30分程度の場所。 清流で知られる阿多古川沿いに上っていくと、秋にはそばの花畑が一面に広がるなど、昔懐かしい日本の風景が広がり、「道の駅 くんま水車の里」が山間にパッと現れます。 「自然」「ふれあい」「ほんものの味」を求めてくる人たちで賑わっている『くんまの水車の里』。この駅には、地元産のそばを使用して元気なおかあさん達がつくるそば処“かあさんの店”があります。おすすめメニューは愛情たっぷりの定食「父さん定」です。テラスからは水車小屋を見下ろすこともできます。

静岡道の駅 玉露の里

道の駅名   玉露の里
所在地    静岡県藤枝市岡部町新舟1214-3
電話番号   054-668-0019
最寄り道路  県道静岡朝比奈藤枝線
営業時間   9:00~17:00
レストラン  11:00~14:30(土日は15:30まで)
瓢月亭    10:00~17:00
休館日    12/28~1/2

東海道21番目の宿駅、岡部町は玉露の産地として全国的に有名です。 清流朝比奈川の上流部に位置する「道の駅 玉露の里」周辺の岡部町朝比奈地区は、京都の宇治、福岡の八女と並び、日本三大玉露産地です。 「茶の華亭」で山菜やタケノコ等を食材としたふるさと料理を味わったあとは、数寄屋造り風の「瓢月亭」でお菓子とともに玉露茶を味わいましょう。日本情緒たっぷりで、立礼席や、本格的な三畳台目席も整っています。 玉露ソフトしるこも、隠れた人気商品です。

静岡道の駅 天城越え

道の駅名   天城越え
所在地    静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
電話番号   0558-85-1110
最寄り道路  国道414号
営業時間   8:30~16:30
休館日    第3水曜

昭和の森会館には森の情報館、伊豆近代文化博物館があります。また向い側の天城グリーンガーデンでは森林浴が楽しめ、春にはシャクナゲが一面に咲くようです。 雄大な天城山に抱かれた、渓流沿いの素朴な里ではゆっくりと休むことができ、またワサビ漬の加工体験も楽しめ、生産者による直売所も人気のようです。オリジナルブレンドのわさびソフトは程よい辛さで、とてもおいしいです。ソフトはバニラもあり、季節で変わるソフトも好評です。

静岡道の駅 ふじおやま

道の駅名   ふじおやま
所在地    静岡県駿東郡小山町用沢72-2
電話番号   0550-76-6600
最寄り道路  国道246号
営業時間   7:00~20:00
レストラン  8:00~20:00
物産館    7:00~20:00
休館日    年中無休

「道の駅 ふじおやま」の目の前には富士山があり、四季折々の富士山の眺望ができます。 緑豊かな公園と田園風景に囲まれ清涼な空気を満喫できる、国道246号線沿いでは唯一の道の駅です。 施設内には和風建築の「地域振興施設」があり、レストラン・物産・農産物直売所にて地場産品が提供されています。富士山からの恵み「金太郎の水」は美味しい小山の水で、ペットボトル持参で水を汲んでいく人達もおられます。

静岡道の駅 花の三聖苑伊豆松崎

所在地    静岡県賀茂郡松崎町大沢20-1
電話番号   0558-42-3420
最寄り道路  主要地方道下田松崎線
営業時間   9:00~17:00
休館日    年中無休

「道の駅 花の三聖苑伊豆松崎」周辺は、桜の名所となっており、入口で大きな花時計が時報ごとに違う曲を流して迎えてくれます。 松崎町の生んだ偉大な三賢者を、アンティークで紹介。この駅は、まさに歴史と文化が同居しています。また、全国一の生産を誇る桜葉を使ったそばやアイスクリームなどの特産品も販売しています。かじかの湯では岩風呂と清流の音を聴きながら入れる露天風呂が備わっています。

静岡道の駅 伊東マリンタウン

所在地    静岡県伊東市湯川571-19
電話番号   0557-38-3811
最寄り道路  国道135号
営業時間   9:00~18:00(土祝は19:00まで)
レストラン  11:00~20:30
休館日    年中無休

「道の駅 伊東マリンタウン」は伊豆半島の玄関口、伊東温泉の入口に位置するカラフルな建物です。おみやげ、レストランなど21店舗とフードコート、相模湾を一望できる露天風呂の天然温泉、遊覧船など伊豆の海を身近に感じることのできる海辺に位置しています。 伊豆旅行の休憩スポットに海を行き交う船やマリーナを眺めながらランチやディナーを味わってこれまでとは違った伊豆を体感することができます。

静岡道の駅 朝霧高原

所在地    静岡県富士宮市根原492-14
電話番号   0544-52-2230
最寄り道路  国道139号
営業時間   8:00~18:30
休館日    年中無休

「道の駅」朝霧高原は、雄大な富士山を背景に緑輝く草原が広がり、周りは多くの観光資源に恵まれ、古くは静岡と山梨を結ぶ「塩の道」であった一般国道139号線沿いに位置しています。牛舎風デザインと牧歌的イメージで整備され、地元の特産品などもあり、自然とのふれあいもできる場所です。



静岡道の駅 潮見坂

道の駅名   潮見坂
所在地    静岡県湖西市白須賀1896-2
電話番号   053-579-3600
最寄り道路  国道1号
営業時間   8:00~19:00
休館日    年中無休

「道の駅 潮見坂」は、静岡県の最西端、浜名湖の西の湖西市の白須賀にあります。 白須賀は東海道五十三次の32番目の宿場として栄え、安藤広重の浮世絵に「汐見坂」が描かれています。 西国から江戸へ向かう旅人が初めて太平洋を目にする場所で、その絶景は今も変わりません。 雄大な遠州灘を眺めながらの食事や足湯で疲れを癒すことができます。

まだまだある静岡道の駅

このほかにも、道の駅伊豆のへそ・道の駅下賀茂温泉 湯の花・道の駅すばしり・道の駅風のマルシェ 御前崎・道の駅くるら戸田など静岡県にはまだまだあります。快適なドライブや旅行の一つとしても道の駅の利用価値は非常に高いと思われます。皆さんのご自身の目で見て感じて、お気に入りの道の駅を見つけるのもいいかもしれませんね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ